CielArc 例大祭16 おまけCD

 
限界フラストレーション(オリジナル曲)
written by​ ゆずり

見上げた青い月

掴めずに消えていく

存在証明繰り返す

孤独なエゴイズム

 

道端に咲いた赤い花

何も知らないで揺れて

最後の口づけだとしても

傷跡を残して

 

限界フラストレーション

何もいらないよ

darling crying側にいて

許されないなら全て壊してしまおう

輝く夜明けまで

 

闇夜が溶け出して

終末を彩った

どのくらいだって叫んだって

永久に届かない

 

感情線を超えた後で

耐えきれなくなって泣いて

行ったり来たりの迷宮で

運命彷徨って

 

限界フラストレーション

嘘さえ愛して

darling crying刹那でも

交わらないままエンドロールは終わらない

醒めないままでいて

 

限界フラストレーション

何もいらないよ

darling crying側にいて

許されないなら全て壊してしまおう

輝く夜明けまで

夢のように

 
Sakura Mirage Acoustic Ver.(原曲:心綺楼演舞)
written by​ ゆずり

またいつか会える日まで

さようならは言わずに置いていこう

懐かしい思い出を抱きしめ

空を仰いだ

 

振り返ればあたたかい

温もりが待っている

だけど今は一歩ずつ歩いていこう

 

桜の花が舞い落ちるような

速度で行けばいい

旅立ちはいつでも1人

信じた未来へと

 

ほんの少しだけの

好奇心と勇気を手にして

名も無き路を遥か進んで

飛び立つから

 

水が流れて辿り着くように

流れに任せて

いつかこの選んだ人生(みち)が

光り輝くように

 

桜の花が舞い落ちるような

速度で行けばいい

旅立ちはいつでも1人

信じた未来へと

水が流れて辿り着くように

流れに任せて

いつかこの選んだ人生(みち)が

光り輝くように

© 2014-2020 CielArc

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now