6th Mini Album 天空のフロンティア

1.Grace of field(原曲:神々が恋した幻想郷)

こんなに美しい空全てが消えてしまって

さようならもありがとうさえも届かない

 

もう何度も失くして

この想いを消しては

もう一度と願って

ただ夢だけ書き足した

 

白く染まった雪景色にも

いつか春へと変わるチカラを秘めてる

 

こんなに美しい空全てが晴れ渡るまで

風が吹き雨が降りそれでも息づいて

いつかこんな想いも全てを許せるように

何もかも抱きしめて笑い合えるまで

 

あぁこんなに世界は

日々無情に流れていく

 

立ち止まる度振り返るけど

今を生きて行くそれが私の道

 

このまま何もなくても一からやり直せばいい

種を蒔き芽が息吹き明日の花が咲く

どこか遠い場所から光が差し込むように

優しさも愛情も全て守りたい

 

白く染まった雪景色にも

いつか春へと変わるチカラがある

 

こんなに美しい空全てが晴れ渡るまで

風が吹き雨が降りそれでも息づいて

どこか遠い場所から光が差し込むように

優しさも愛情も全て守りたい

いつか花が咲く

その日が来るまで

 

2.Siren(原曲:東方妖々夢 ~ Ancient Temple )

遥か遠くてこのまま息が詰まりそうで

今より先には進めないよ

何が欲しくて何かを投げ出したいのかも

分からずここから抜け出せない

 

もうこれ以上出来ることなんてなくて

ただ泥濘で踠いているだけで

 

誰かここで私を強くただ抱きしめて

こんな存在も必要だと叫んで

 

見える全てが眩しく輝いているから

余計に惨めに感じるだけ

 

もう偽りも隠せない心の中

ただ追い詰められる明日が見えない

 

願う程に虚しくすり抜ける感情に

一人きりで何が出来るというの

 

どうしようもないくらい広い空

持て余したままの自由

何1つ生みだせずいるけど

生きてる意味はあるの?

 

願う程に虚しくすり抜ける感情に

一人きりで何が出来るというの

誰かここで私を強くただ抱きしめて

こんな存在も必要だと叫んで

 

果てなき空の彼方  何かが待ってる

見たことのない世界  永遠の夢

強く望んだとして叶わないなら

この手と足でそこへ辿り着けばいい

 

戻れない場所まで行くのなら

私は振り返らないでただ前に進むよ

 

★Go far away,find a little ray of hope

there is no limit to the change in this world

So I will try to  new frontier

If you can fly finally in the sky

 

手をかざしても遥か掴めないなら

この身を全て捧げ何にでもなる

 

高すぎる壁ほど燃え上がる

それなら怖いものなんてもう何もないから

 

​★ref×2

3.天空のフロンティア(原曲:有頂天変〜Wonderful Heaven)
 

月明かり  微睡んだ空

まだ目を覚まさずに  夢を見ていたい

 

すぐそばに  優しい瞳

透き通る心が満たされていく

 

繋がる度に感じる鼓動

どうしてこれで終わりになるの?

 

どこにも行かないで  ただそばにいて

悲しみが押し寄せ  そっと消えていく

 

今もまだ明けない夜に

ただ思い出すのはあなたの笑顔

 

もう一度夢で  会えるのならば

その手をぎゅっと  離さないのに

 

大きくなるほどに  膨らんでいく

果てしない願いはどこか儚く

 

一人でいるよりも二人の方が

もっと笑い合える夢を見られる

 

どこにも行かないで  ただそばにいて

悲しみが押し寄せ  そっと消えていく

大きくなるほどに  膨らんでいく

果てしない願いはどこか儚く

​4.明けない夜に(原曲:永遠の春夢)
 

愛しい人よ  あなたは今どこにいるの?

月の満ち欠け巡り逢えるのならば

 

見えないまま不安になる

そこには変わらずに有るのに

光満ちて輝きだす

それがあなたへの道標

 

寄せては返す波間のように

その心まで届くように

消えたとしてもまた出逢えればいい

 

愛しい人よ  あなたは今どこにいるの?

優しい声でもう一度囁いて

 

廻り出した運命には

引き寄せられていく引力

願う程に零れ落ちて

叶わない想いは儚く

 

永遠なんて途方にくれる

何処まで行けば辿り着くの?

戻れなくても希望があればいい

 

刹那に揺れる  水面に浮かぶ月の影

近くて遠い幻のような夢

 

愛しい人よ  あなたは今どこにいるの?

優しい声でもう一度囁いて

刹那に揺れる  夜空へと想いを馳せて

月の満ち欠け巡り逢えるのならば

5.Moonlit refrain(原曲:竹取飛翔〜Lunatic Princess)
 

誰かこの心を奪い去ってよ

何もいらない

いつかこの世界が壊れるなら

消してしまえ

 

果てしなく続く道の先

何があるのか

 

I'm calling  Just,complete darkness

手探りして踠いても

溶け出す闇に飲まれ

夜明けはまだ見えなくて

 

何処へ行くべきかも分からないまま

進むしかない

脆く無駄な日々が過ぎ去る度

疲弊していく

 

積み上げる程に崩れてく

終わりがあるの?

 

I'm calling  Just,complete darkness

手を伸ばして掴んでも

儚く零れ落ちる

この暗闇を切り裂いて

 

叫ぶ声も掻き消され

ただ1人きりで

 

I'm calling  I'm sinking slowly

誰か見つけ出して

I'm calling  Just,complete darkness

手探りして踠いても

溶け出す闇に飲まれ

夜明けはまだ見えなくて

6.Calling(原曲:Complete Darkness)
 

信じてた未来のカタチ

少しずつ変わり始めて

 

今までが間違ってたのか

最初から決まってたのか

 

ゆらり揺れ動いてるこころ色付き

ふわり花びらが舞い落ちてきらめく

 

春の風はいつも希望運んで

大切な気持ち思い出す

さよならしたことも忘れるくらい

優しさに包まれているの

 

今はもうなくなったものに

これからも意味はあるかな

 

何もかもやり直せたら

何度でも変わらないかな

 

もしも出逢わなければ夢も見れずに

何も感じられずにいられたのかな

 

春は遥か遠く掴めないまま

後悔の数を数えてた

いつか叶うのならあの日のままで

笑い合えると信じてたい

 

ゆらり揺れ動いてるこころ色付き

ふわり花びらが舞い落ちてきらめく

 

春の風はいつも希望運んで

大切な気持ち思い出す

さよならしたことも忘れるくらい

優しさに包まれているの

7.Spring flavor(原曲:ヴォヤージュ1969)
 

© 2014-2020 CielArc

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now